2006年06月24日

ワールドカップ

日本代表、ジーコ監督、スタッフの皆様、遠くドイツまで応援にいらしたサポーターの皆様、そして日本で応援なさったすべてのサポーターの皆様。お疲れさまでした。

いいたいことは山のようにありますが、いまはすべての関係者の4年間の労に感謝したいと思います。

ワールドカップという楽しい夢をありがとう!

そして、更に厳しくなることが予想される「次」へ向けて雄々しく再スタートを切って欲しいと思います。

ドイツ大会はこれからが本番です。

決勝まで、純粋にハイレベルのゲームを楽しみたいと思っています。
posted by 小龍景光 at 00:06| ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月14日

頑張れ!サムライブルーの戦士達

【■【祝祭 サッカーW杯ドイツ大会】スピードスケート選手・岡崎朋美さん 産経新聞】
 
今日の産経新聞スポーツ面にスピードスケートの岡崎朋美選手の応援メッセージが掲載されていました。

 

トリノ五輪の際、鈴木恵一監督が「選手でなく戦士になれ」と話していたが、いい言葉だと思った。国際大会は、スポーツを通じての魂のぶつかり合い。実際に生きるか死ぬかという状況にあるわけではないが、笑顔のなかにも、闘志は燃え、戦いにいくという気持ちは持っている。だからこそ「戦士」なのだ。
スピードスケート日本代表チームのウエアには「JAPAN」の文字や日の丸が入っており、ウエアを着ると、日本代表であることを意識し、日の丸を掲げたいとの気持ちがわいてくる。

きっとこういった感情が国民としての素直な感情なんだなって思いました。WBCでのイチローもそうですよね。観戦している方も表彰式で日の丸が揚がって君が代を聴くと実に誇らしい気持ちになります。
 
W杯豪州戦は残念でしたが、まだまだ一試合が終わっただけです。クロアチアとブラジルを撃破することだって(難しいかもしれませんが)可能性はゼロではありません。
ドーハの悲劇が起きたのなら、「ドイツの奇跡」が起きたって不思議はありません。サムライブルーの戦士達も遠いドイツで頑張っています。最後まで心から応援したいと思います。
 
岡崎選手のコメントはネットソースがなかったのでテキスト起しをしておきます。

続きを読む
posted by 小龍景光 at 20:59| 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月11日

姪っ子のこと

姪っ子は囲碁をやっていて、今日は東京都の大会の団体戦。優勝校と準優勝校は夏の全国大会に出場できるとのこと。
姪っ子は一年生のくせに主将で出場して無事に優勝して帰ってきた(^^)
先週の四段への昇段はダテではなかったようです。

SN320187.jpg

続きを読む
posted by 小龍景光 at 23:23| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。