2006年09月04日

将来の国姿が見える政権構想を示して欲しい

戦後の日本では政治家の公約とは、公共投資であったり、福祉であったり、要するに政策の細かい点にばかり目が行っていたように思う。

自治体の首長を選ぶ選挙ならばそれも良かろう。また、国会議員を選ぶにしてもある程度それも良いと思う。だが、国会議員ともなれば、やはり国造りのビジョンを語ってほしいものだ。

しかも、今回は自民党の総裁選挙である。自民党内の選挙とは言え、現時点では日本の首相を誰にするかを問う選挙である。

私は全ての候補者がどのような「国の姿」を描こうとしているのかという点にこそ関心を持つ。首相ともなれば当然の如く「天下国家」を語って欲しいわけである。その上で、そう言う国造りをするために教育をどうするのか、税金をどうするのかという問題を考えていくのが筋だろう。戦後の日本では政治家の公約とは、公共投資であったり、福祉であったり、要するに政策の細かい点にばかり目が行っていたように思う。

自治体の主張を選ぶ選挙ならばそれも良かろう。また、国会議員や首相を選ぶにしてもある程度それも良いと思う。

しかし、今回は自民党の総裁選挙である。自民党内の選挙とは言え、現時点では日本の首相を誰にするかを問う選挙である。

私は全ての候補者がどのような「国の姿」を描こうとしているのかという点にこそ関心を持つ。首相ともなれば当然の如く「天下国家」を語って欲しいわけである。その上で、そう言う国造りをするために教育をどうするのか、税金をどうするのかという問題を考えていくのが筋だろう。

単に小手先の政策を聞くことにはもうウンザリしているのが正直な気持ちだ。きっと多くのサイレントマジョリティたる国民もそのように思っているのだろう。

だからこそ、古い自民党をぶっ壊すと宣言して構造改革を進めようとした小泉さんへの支持が集まり、引き続き安倍氏への圧倒的な支持になっているのだと思う。

個人的には小泉さんの唱えた構造改革には異論もあるし、国の形の見せ方もまだまだ不十分だったと思う。

今回、安倍さんは見事に国の形を描いて見せてくれた。谷垣さんの話からはそういった大局的な視点での理想が全く見えてこない。理想だけでは現実の政治は動かない。しかし国の在り方については「美しい国」の姿を思い描くことで、国民一人一人も生きる希望を見いだし、日本人としての誇りも生まれてくるだろう。

目的地を見定めずに目の前の問題だけに取り組むようにしか見えないではないか。

私は各論の議論が不要だと言っているのではない。各論の議論に入る前に国の将来の姿を見せて欲しいと言っているのだ。

朝日新聞は昨日の社説で「その意味で、きのう発表された公約は期待はずれだった。わずか4ページという分量の少なさもあるが、抽象的な項目を並べた印象が強く、メリハリを欠く。」と噛みついていたが、朝日こそ考えを改めるべきだ。しっかりとした目標を定めずにここの政策を論じてもそれは砂上の楼閣にしか過ぎない。
posted by 小龍景光 at 00:04| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私の小さな組織でさえ、方針があります。
「○○のようにしたい」
スタッフはそれを各人の解釈に従って動いてくれています。
もちろん、具体的な指示も必要です。

「日本」の将来に対してビジョンを持つ必要が今の若い人にとって必要だと思います。
安部さんの支持が上がっているのも頷けます。

具体的、抽象的・・共に必要だと思います。

Posted by 鈴蘭 at 2006年09月06日 13:48
鈴蘭さん

どういう国にしたいのかが分らない・・・実は1970年代から言われていたことです。

やっと小泉さんがその路線を敷きました。もっとも小泉さんのやり方には大いに不満もあるのですが・・・
それを安倍さんが一層洗練した形で引き継ごうとしています。

期待したいです。
Posted by 小龍景光 at 2006年09月07日 00:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。