2006年08月15日

靖国神社へ

これから靖国神社へ参拝に行ってまいります。日本の未来のための礎となって散華された英霊の御霊に心からの感謝と、あとに続く現在の日本人としてこの素晴らしい国を次の世代へ引き継ぐことを誓うためです。

本日の産経新聞【主張】では「戦後生まれが7割を超えた日本の社会は「記憶」も「思い出」も持たない世代が大多数を占めるようになった。」と書いています。


記憶や思い出がないだけならまだ良いのです。


現在の大問題はGHQの仕掛けた様々な呪いで日本の歴史が1945年8月15日をもって断絶していることです。朝日新聞の社説です。
20060815Asahi.jpg

こうした首相の言動が、人々の間にある中韓への反発感情に火をつけ、さらには敗戦で傷ついた民族のプライドを回復させたいという復古的な感情にも格好のはけ口を与えた。

冗談も休み休み言ってもらいたい。そもそも首相の靖国神社参拝に対してなんのクレームも付けていなかった中国を煽り立てたのは自分達だと言うことをお忘れか?
もしも忘れ去ってしまっているなら、朝日新聞という企業はお粗末きわまりない新聞社だし、あえて忘れたふりをしているなら確信犯的に国を売ろうとしているとしか考えられない。

朝日は首相の靖国参拝が国益を損ねるという。

私は逆に大いに我が国の国益に貢献していると考える。本日の参拝をせずに退いてしまったなら、「日本は内政干渉に屈する国」というメッセージを中国や韓国に与えてしまうことになる。
小泉首相には物申したいこともたくさんあるが、靖国神社への毎年の参拝と、本日の参拝については諸手を挙げて支持をしたい。


戦前の「記憶」「思い出」を持っている世代が少なくなりつつある中、戦後の日本人は8月15日以前の日本を全否定する歴史観を植え付けられた。


あたかも歴代の王朝が前王朝の「正史」を書くときに、前王朝末期の政権を徹底的に貶めるかのように。

何よりの証拠は先の大戦を「太平洋戦争」だと思いこんでいる人々が大半であることです。私が戦前の記憶や思い出を持っている親戚や知人に聴いて回った範囲では、戦争当時に「自分達は太平洋戦争」を闘っていると認識していた人は一人もいません。


全ての人が「大東亜戦争」を闘っていると認識していたのだ。


「太平洋戦争」という言葉では日本人が考えていた理想も、戦争の大儀もその意味が分らなくなります。「太平洋戦争」という言葉こそ大日本帝国の描いた理想を全否定するためのGHQによる思索の第一歩だったのではないか。


しかし、今多くの日本人が覚醒しつつあります。


そのような中で、ようやく、本当にようやく小泉首相が本日8月15日に靖国神社を参拝なさいました。報道の写真を拝見する限りはモーニング姿であり、このことも明確な意志を表現しているようです。


国を守るために一命を捧げた英霊を篤く祀ることは国家として当然のことであり、国の指導的立場にある人はその先頭に立つことが義務だと思います。

私も本日は靖国神社と千鳥ヶ淵にに参拝させていただきます。




posted by 小龍景光 at 12:25| ☔| Comment(2) | TrackBack(1) | 外交 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
戦争で亡くなった人に戦犯も何もないと思います。「勝てば官軍」との言葉がありますが、勝者が一方的に敗者を裁いた裁判など認めません。

終戦直前、1週間だけ戦い、極寒のシベリアに大量の兵士を送り、大量の兵士を殺した旧ソビエト連邦の戦争犯罪は問われないのですか。私の義父の兄はシベリアで亡くなりました。
Posted by きりや at 2006年08月19日 17:14
きりやさん

コメントありがとうございました!
たいへん遅いレスになり申し訳ありません。

仰るとおりです。
ソ連のやったこと、アメリカのやったこと、全て明白な戦争犯罪です。
東京裁判についてはウエッブ裁判長が管轄権の有無についてさえ答えることができなかった茶番劇です。
日本はサンフランシスコ講和条約で東京裁判の全ての諸判決を受諾しているので、これw覆すことはできません。
しかし、現在に生きる全ての日本人は「戦犯」などという言葉は口にしてはならないのです。
Posted by 小龍景光 at 2006年08月24日 18:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

今日の靖国神社
Excerpt:  鳴り響くローター音。夢がいつしかベトナムのジャングルへと変わる。「ここはどこだ。俺は戦場にいるのか。」爆音がより激しくなり、目が覚める。 朝6時、雨。目覚めが悪い。九段界隈に住んでかれこれ20年。こ..
Weblog: 日本大好き、好きです早稲田日記
Tracked: 2006-08-15 21:14
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。