2006年09月06日

奉祝 親王様ご誕生

housyuku.jpg




皇室の弥栄を願い

親王様のご誕生を国民の一人として

心よりお祝い申し上げます
posted by 小龍景光 at 11:57| 🌁| Comment(37) | TrackBack(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月04日

将来の国姿が見える政権構想を示して欲しい

戦後の日本では政治家の公約とは、公共投資であったり、福祉であったり、要するに政策の細かい点にばかり目が行っていたように思う。

自治体の首長を選ぶ選挙ならばそれも良かろう。また、国会議員を選ぶにしてもある程度それも良いと思う。だが、国会議員ともなれば、やはり国造りのビジョンを語ってほしいものだ。

しかも、今回は自民党の総裁選挙である。自民党内の選挙とは言え、現時点では日本の首相を誰にするかを問う選挙である。

私は全ての候補者がどのような「国の姿」を描こうとしているのかという点にこそ関心を持つ。首相ともなれば当然の如く「天下国家」を語って欲しいわけである。その上で、そう言う国造りをするために教育をどうするのか、税金をどうするのかという問題を考えていくのが筋だろう。続きを読む
posted by 小龍景光 at 00:04| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月03日

安倍新政権に望むこと

昨日、安倍氏が正式に総裁選への出馬を表明しました。安倍氏の掲げる政権構想は全て支持します。

朝日はさっそく噛みついてきたようです。真性保守たる安倍政権ができては中国に可愛がってもらいたい朝日としては困ったことになるのは理解できます。

20060902Asahi.jpg

それにしてもこの社説はほとんどヒステリーを起こした叫びのようですね。

その意味で、きのう発表された公約は期待はずれだった。わずか4ページという分量の少なさもあるが、抽象的な項目を並べた印象が強く、メリハリを欠く。


これが、分量が多ければ冗長で分りにくいとでも言うのでしょう。安倍氏は著書も出版しているし、新聞社の社説を書くならそちらも併せてお読みになってはどうか?

靖国神社参拝の問題をどう克服するのかを含め、具体的な方策を聞きたい。


逆に朝日に問いたい。
それほどまでに嫌悪する靖国神社がかつてどのように扱われてきたか。終戦直後の日本人が刑死者や獄死者を含めた英霊に対してどのような心情でいたのか。さらに国会でどのような議論がなされてきたのか。

まさか朝日ともあろう新聞社が知らないはずはないでしょう。

ヒステリックな声をあげて中国に媚を売る前に、もう一度良く考えてもらいたいものです。

▽歴史遺産や景観、伝統文化などを大切にする
▽「戦後レジーム」から、新たな船出を


上記二点に含まれるであろう、靖国神社への参拝について期待を述べたいと思います。安倍氏は現時点で参拝をするともしないとも言っていません。しかし、日々の発言を考えると時期の問題はあるでしょうが、いずれ参拝することは確実だと思います。

そのときに、今年の8月15日に巻き起こったような大騒ぎは起こしてほしくないのです。朝日新聞のような媒体については何を言っても無駄と思います。

しかし、少なくとも我が国の国会議員の間では衆参を問わず、この問題でバカの一つ覚えのような愚かな議論をしてほしくないと切実に思います。

唐突ですが、下記の文章を読んでみてください。ちょっと長いので申し訳ありませんが、これは衆議院厚生委員会の議事録です。続きを読む
posted by 小龍景光 at 00:08| 🌁| Comment(0) | TrackBack(10) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。